ぺ天使の呟き

南九州発、日常日記。

母と行った甲子園番外‥素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)

神社に到着すると、やたら丁寧なおばあちゃまってカンジの方が迎えてくださいました。

おばちゃま「何度もご足労いただいて、申し訳無いですなぁ」
きりう「いいえ、時間もありましたから、お気になさらず。」
おばちゃま「御朱印も、袋も、良い御品ですなぁ。」
きりう「‥え?あ、そうなんですか?」

御朱印も袋も、普通の神社で入手できる普通のお値段の品です。

おばちゃま「この紋が、向い鶴と言って、とても御目出度いんですよ。」
きりう「そうなんですか~♪」
おばちゃま「御色もよろしいし‥御家は、神社さんとかで‥?」
きりう「え!!??い、いえ、そんな恐れ多い‥!!!」

ペコペコ頭を下げて神社を後にしました。


‥‥‥神社の娘さん?
私はゴツイブーツに黒ジーンズ。もこもこ上着という姿ですし、一体何をどう判断されたのかさっぱりでした。

気になってたので、家に帰ってから、「向かい鶴」を調べました。
‥すると、「飛鳥時代や奈良時代に、貴族階級の者だけが使うことを許され、一般庶民は見ることすらできない文様と言われていました。 」と記されているのもあります。

‥‥‥‥うわー恐れ多いー!!!!
知らんじゃった!!知らんじゃったー!!!!


そっかー、家紋として考えたら、イイトコの娘さんの品っぽかったのかな。

関西は歴史の古い場所ですからね。詳しい方だったのかもしれません。
←ってか、お前が物知らずなだけ(笑)


‥何か申し訳ないな‥
ウチの家紋は「家が絶える(散る)ので縁起が悪い」と避けられる桜です‥OTL
‥でも自分の家の家紋のがあるのだから、それ持ちたいなと思いました。
作ろうと思えば、作れるよな‥。

コメント

すっかり暖かくなりましたねw
きりう様の通常日記で「家紋」の事に触れておられましたが、きりう様のご実家は「桜」なのですね。素敵ですねw
ただ、残念な事に最近では自分の家の家紋を知らないというご家庭も増えているそうです。
実はこんな風に一般家庭にエンブレム(紋章)が存在しているのは世界的に見てもとても珍しいと聞きました。
少し前に話題になったイギリスのウイリアム王子の結婚相手も一般家庭のお嬢さんでしたから、結婚にあわせて彼女のエンブレムを新たに作ったとニュースで聞きました。
あと、家紋の入った物については個人的に一番にオススメしたいのが『着物』です!
紋の付いた着物となると、「喪服」「留袖」「色無地」などです。
次にオススメが「袱紗(ふくさ)」です。祝儀袋などを包むのに便利です。
後は、もっとお手軽に
コレ↓などどうでしょうか?
http://www.kamon18.com/index.html
キーホルダーやストラップなど色々とあるようです。
ただ、こういった所にサンプルとして出ている家紋の中に自分の家の家紋がない場合が多々あるんです。もっと言うと、呉服屋さんや仏具屋さんに置いてある家紋帳の中にも収録されていない家紋というのもごまんとあるんです。ウチの母方の家紋もちょっと特殊で家紋帳には載ってません。
呉服屋さんや、仏具屋さんに頼む場合は既にある着物やお墓の写真を撮って、サンプルに出来るのですが、こういったネットショッピングの場合はそれが可能なのかどうかが微妙ですね…。
良かったら参考にしてみて下さいませ。

PS:きりう様のお母様の天然っぷりに癒されておりますw

  • 2012/04/24(火) 13:56:09 |
  • URL |
  • yuki #XZ039GEA
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://petenshi.blog6.fc2.com/tb.php/3493-de895128
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad