南九州発、日常日記。
錦江湾(きんこうわん)=鹿児島湾
2017年07月12日 (水) | 編集 |
昨日、震度5強揺れた鹿児島ですが、周囲では特に被害がありませんでした。

ただ昼休み、社員がテレビを見ながらめっちゃ突っ込んでた。
「鹿児島湾ってどこ?」
「え?錦江湾は鹿児島湾って言うの?」
「聞いた事無い」「初めて聞いた」「これテレビ間違ってない?」
「鹿児島湾が正しいの?ホント!?知らんかったー!錦江湾でしょ!きんこーわん(笑)」
「鹿児島湾って言われても、どこか分からなかった(笑)」


あー、あるある。
数年前に私もそう思った(笑)

※ 「錦江」の名の由来は、加治木・黒川岬の鳳山軒にて
 島津氏第18代当主・島津家久(忠恒)が詠んだ「浪のおり かくる錦は 磯山の 梢にさらす 花の色かな」という歌。



やす猫にしてもですが、県民の生活&風景に島津家が浸透している証拠ですね。
全く意識して無いんだけどなぁ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ読んでほしい
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック